起業家に影響を与えたこの一冊

起業家 ボングゥー特許商標事務所/ボングゥー著作権法務行政書士事務所 所長 堀越 総明さん

竜馬がゆく

『竜馬がゆく』 著者:司馬 遼太郎

小学生の頃から歴史が好きだったこともあり、これまでに何度も読んでいる本です。 土佐に生まれた坂本龍馬の、旧習にとらわれない発想力、リスクをおそれない行動力、多くの実力者...

続きを読む

起業家 株式会社アスページ 代表取締役 石原 勇一郎さん

関ヶ原(上)(中)(下)

『関ヶ原(上)(中)(下)』 著者:司馬 遼太郎

高校2年生の時、テレビドラマで放映されたのを見て興味を持ち、原作の本を購入しました。 この小説は、石田三成とその腹心、徳川家康とその謀臣などの人間模様と謀略戦を中心に、...

続きを読む

起業家 ビジネスクリエイション株式会社 代表取締役 平村 一紀さん

『組織進化論-行動・過程・創造』 著者:海老澤 栄一

神奈川大学・経営学部3年の時に経営組織論という分野のゼミに入りました。特定の分野について体系立てて学んだ初めての機会で、そのゼミの指導教授である海老澤栄一先生の著書です。...

続きを読む

起業家 株式会社コンシェルジュ 代表取締役 太田 匠吾さん

巨頭 孫正義 ソフトバンク最強経営戦略

『巨頭 孫正義 ソフトバンク最強経営戦略』 著者:孫 正義

大学時代から私の周りには起業家が多く、私もいずれは起業したいという思いがありましたが、まずは社会の仕組みを知るために外資系投資銀行へ就職することにしました。 そして、仕...

続きを読む

起業家 アンクレア株式会社 代表取締役社長 轟 なぎささん

ロングマン現代英英辞典

『ロングマン現代英英辞典』 著者:桐原書店(出版社)

商社マンだった父の海外駐在の関係で、9歳から14歳まで海外のイギリス系の小学校・中学校に通い、中学3年生の時に帰国しました。それからはずっと同時通訳者になることを考えて日本の...

続きを読む

起業家 株式会社MAP経営 浅野 泰生さん

「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

『「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる』 著者:永守 重信

今から12年くらい前に読んだ本です。 当時、私は会計事務所のコンサルタントとして活動していました。 日々、会計・税務の面から中小企業支援のために一生懸命仕事をしていました...

続きを読む

起業家 橋本会計事務所 代表 橋本 政樹さん

世に棲む日日

『世に棲む日日』 著者:司馬 遼太郎

大学2年の春にこの本に出逢いました。当時の私はあれも青春これも青春で、何をやっても長続きせず、部活やバイトもすぐにやめては、怠惰な日々を過ごしていました。そんな頃、たまた...

続きを読む

起業家 トリプルグッドグループ 代表 実島 誠さん

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』 著者:マイケル・E. ガーバー

1997年に大手会計事務所を独立してから、6年ほど経ったころに読んだ本です。 独立してからしばらく、低迷している時期が続き、何かヒントを見つけようとたくさんの本を読み漁ってい...

続きを読む

起業家 株式会社SOBAプロジェクト 代表取締役社長 乾 和志さん

リーン・スタートアップ

『リーン・スタートアップ』 著者:エリック・リース

5年位前に参加した勉強会で、紹介していただいた本です。 小さいアイデアで最小限からスタートし、成功に導くためのノウハウが書かれている本で、私たちに合っていると思い、読み...

続きを読む

起業家 株式会社ビジネス・バリュー・クリエイションズ 代表取締役 山本 康博さん

みんな変わり者だった

『みんな変わり者だった』 著者:バリー・J・ギボンズ

今から10年以上前、私が起業する約半年前に読んだ本です。勤めていた会社の40歳早期定年退職制度があり起業することを決めていた私にとっては、とても心強い書籍だと感じました。 ...

続きを読む

起業家 StrateCutions (ストラテキューションズ) 代表 落藤 伸夫さん

マネジメント - 基本と原則

『マネジメント - 基本と原則』 著者:ピーター・F・ドラッカー

1999年当時、サラリーマンだった私は、会社からの指示で、中小企業診断士の資格を取るために、中小企業大学校に通うことになりました。その時の講師からの勧めでドラッカーの本を読む...

続きを読む

起業家 株式会社D.DiRECT 代表取締役 青木 洋光さん

地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減

『地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減』 著者:増田寛也

私は平成22年に小田原市で医療・福祉の事業者を対象とした地域密着型のコンサルティング事業を立ち上げました。創業してから5年間黒字で売上も拡大基調であったものの、この状況がい...

続きを読む

起業家 パートナーオブスターズ株式会社 代表取締役 星野 善宣さん

なぜ彼はいつも笑顔なのか

『なぜ彼はいつも笑顔なのか』 著者:村田昭治

私が大学4年生のとき、卒業後にどんな人生を歩み、人としてどう成長すればよいか思い悩んでいたときに読んだ本です。 マーケティングで有名な先生の著書で、この本にある「自分が...

続きを読む

起業家 FTI JAPAN株式会社 代表取締役社長 鳴海 健太朗さん

「社会を変える」を仕事にする

『「社会を変える」を仕事にする』 著者:駒崎 弘樹

大学を卒業し、製薬会社の営業職に就いた私は、サラリーマンとして忙しい毎日を過ごしていました。今思えば成果主義に傾倒し、色んな物事を省みずに仕事に没頭していたように思いま...

続きを読む

起業家 ジャパンコンサルティング株式会社 代表取締役 佐藤 亘さん

小さなチーム、大きな仕事

『小さなチーム、大きな仕事』 著者:ジェイソン・フリード&デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

自宅兼事務所で、一人で起業をした私は、お金もなく、人もいない所からのスタートで、従業員500名を超える企業で取締役をしていた前職と比較すると、まったくの未知の世界からのスタ...

続きを読む

起業家 株式会社ASCEND FEATHER 代表取締役 別役 慎司さん

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』 著者:エスター・ヒックス/ジェリー・ヒックス

若い頃から苦境が多く、自尊心が高かった私は、実力があってもうまくいかない世の中に疑問を感じていました。起業してからも、俳優メソッドによる教育サービスを体験してくださった...

続きを読む

起業家 ネット通販の魔術師合同会社 社長 杉本 幸雄さん

真っ向勝負のスローカーブ

『真っ向勝負のスローカーブ』 著者:星野伸之(元阪急ブレーブス投手)

親の環境や資金力に頼らず、本当の意味でゼロから「起業」している人や、これから起業する、いわゆる恵まれない状況下にある人、その他大勢から抜け出したいという人を応援している...

続きを読む

起業家 税理士法人 ほはば 代表税理士 前田 興二さん

高校生が感動した「論語」

『高校生が感動した「論語」』 著者:佐久 協

起業した当時、環境が変化して当たり前にあった収入が無くなり、会社に守られていたという現実を突きつけられ、食べていかないといけないという焦燥感が募るばかりでした。 そんな...

続きを読む

起業家 ウォーターポイント株式会社 代表取締役社長 小早川 克史さん

狼たちへの伝言

『狼たちへの伝言』 著者:落合信彦

将来のことは何も考えず遊んでばかりいた二十歳の大学生だった私は、たまたま立ち寄った本屋で、熱いタイトルが目に入り、手にした本、それが『狼たちへの伝言』です。 本を読み、...

続きを読む

起業家  代表取締役社長 大竹 啓裕さん

口コミ伝染病

『口コミ伝染病』 著者:神田 昌典

当時、ラーメンFCチェーンの創業メンバーの一人として、事業を順調に拡大させていましたが、FCも100店舗になった2002年頃、転換期をむかえます。美味しいものがそのまま売れるというロ...

続きを読む

起業家 弁護士法人 クレア法律事務所 代表弁護士 古田 利雄さん

人を動かす

『人を動かす』 著者:D・カーネギー

父親が食品会社を経営していたこともあり、長男であった私は幼少の頃から家業を継いで経営者になるつもりでした。そんな私に中学生の頃、叔父が勧めてくれたのがD・カーネギーの「人...

続きを読む

起業家 一般社団法人生涯学習認定機構 代表理事 前田 出さん

時代の構造が見える企画書

『時代の構造が見える企画書』 著者:高橋 憲行

学生時代から本が大好きで、1日1冊以上も読んでいる時期がありました。今でも月に10冊くらいは読んでいます。ビジネスに影響を受けた本だと高橋憲行さんの「時代の構造が見える企画書...

続きを読む

起業家 株式会社コーチビジネス研究所 代表取締役 五十嵐 久さん

米百俵 小林虎三郎の思想

『米百俵 小林虎三郎の思想』 著者:山本有三

新聞奨学生として、大学に通うことになったとき新聞販売店の店主から勧められて読んだ本です。 小林虎三郎は越後国長岡藩士で、戊辰戦争に敗れた長岡藩の窮状を見かねた支藩・三根...

続きを読む

起業家 WIPジャパン株式会社 代表取締役会長 上田輝彦さん

後世への最大遺物

『後世への最大遺物』 著者:内村鑑三

この本は1894年日清戦争当時の箱根における講演録で、職業について悩んでいるときに読んだ書籍でした。 この講演では、人が後世に遺すことのできる「遺物」として一つ目は「お金」...

続きを読む

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。