起業家に影響を与えたこの一冊

起業家

株式会社プロジェクトニッポン ドリームゲート 代表取締役 松谷 卓也さん

ヴァージン―僕は世界を変えていく

『ヴァージン―僕は世界を変えていく』 著者:リチャード・ブランソン

公開日:2017年11月29日

ヴァージン―僕は世界を変えていく

二十歳頃に読んだ本でした。

この本は、高校中退の学歴ながら、起業家としてアメリカン・ドリームを実現し、世界的企業となったヴァージン・グループ創始者リチャード・ブランソンの自伝です。

当時、起業に興味がありながらも人前で話すことが苦手だった私は、起業することを半ば諦めていました。そんな時にこの本と出会い、リチャード・ブランソンも私と同じように人前で話すことが苦手だったことを知りました。

そして、起業家としても、あれだけのビジネスを実現させるリチャード・ブランソンにとても勇気付けられ、それからは人前に出ても緊張することも減り、苦手意識も無くなりました。

私にとって、この本と出会ったことによる最大の価値は、苦手意識の克服だったのかもしれません。

起業家プロフィール

株式会社プロジェクトニッポン ドリームゲート 代表取締役 松谷 卓也 代表取締役 松谷 卓也 株式会社プロジェクトニッポン ドリームゲート 代表取締役 
1967年生まれ。兵庫県高砂市出身
立命館大学理工学部を卒業後、株式会社リクルートに入社
2003年、リクルート在籍時に「日本に起業文化を確立する」というビジョンを掲げ、経済産業省後援事業として「ドリームゲートプロジェクト」を発足
2004年、株式会社プロジェクトニッポンを設立、代表取締役就任
2007年、「ドリームゲートプロジェクト」の民営化を実現させる
米バブソン大学起業家養成者プログラム「プライス・バブソン・プログラム」修了
経済産業省-米商務省平沼-エヴァンズ・イニシアティブ訪米ミッションメンバー
経済産業省 起業家教育推進委員会 アドバイザリーボードメンバー
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。