起業家に影響を与えたこの一冊

起業家

ジャパンコンサルティング株式会社 代表取締役 佐藤 亘さん

小さなチーム、大きな仕事

『小さなチーム、大きな仕事』 著者:ジェイソン・フリード&デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

公開日:2017年7月5日

小さなチーム、大きな仕事

自宅兼事務所で、一人で起業をした私は、お金もなく、人もいない所からのスタートで、従業員500名を超える企業で取締役をしていた前職と比較すると、まったくの未知の世界からのスタートとなりました。

実際にスタートすると、一人では時間に限りがあるため、自分が「やりたいこと」と「できること」とのギャップは大きく、それを埋めるための方法について、早々に悩むことになります。

そんな時に立ち寄った書店で、この本のタイトル「小さなチーム、大きな仕事」が目に留まりました。

世界的ソフトウェア開発会社「37シグナルズ(現・ベースキャンプ)」の創業者が執筆しているこの本では、
「会社を成功させるために、事業拡大も、派手な広告も、会議も、徹夜も、長期計画も、オフィスも必要ない。少人数でシンプルに、臨機応変に――自分流のやり方を作り上げながら成長する!」
とうたっています。

読み進めて、特に衝撃を受けたのは、当時の37シグナルズでは、アメリカ・ヨーロッパの8つの都市に社員がいて、ほとんど会うこと無く、仕事が進められていたということです。

当時の私の場合は、何せ採用活動をしても人が集まらなかったので…、衝撃を受けるのも当然のことかもしれません。

そこで、世界中の一流の人たちと仕事をすることを目指し、海外での採用に目を向け、その結果、初めて採用したのは、フィリピン人でした。

会社の規模を気にしない、お客さんの満足だけを考えることに集中する、会社のコンセプトの決める、生産性を高めるためにやらないことを決める等、自分の最大限のパフォーマンスを作れる環境、そして、チームを最大限に活かすためのビジョン・ルールの作り方が大変参考になり、何度も何度も読み返しました。

これから起業する人、経営者・管理職の方にとっては、本に書かれた仕事のスタイルと、自分の仕事のスタイルとを比較することで、多くを得られるのではないかと思います。

現在の私は、海外42ヶ国、スタッフ400名以上で、遠く離れた多くの優秀な海外スタッフと仕事をしています。同じ場所にいなくても、仕事を円滑に進められる仕組みをつくることが出来るようになりました。

起業家プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社 代表取締役 佐藤 亘 代表取締役 佐藤 亘 ジャパンコンサルティング株式会社 代表取締役

北海道出身。上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  : https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

この起業家の著書

代表取締役 佐藤 亘の著書
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。