起業家

株式会社キズナキャスト 代表取締役 小林 広治さん

『竜馬がゆく』 著者:司馬 遼太郎

公開日:2019年1月8日

竜馬がゆく

起業して間もない頃の私は、企業コンサルタントとして、休みも取れないくらい仕事にどっぷりのめり込んでいて、ようやく正月休みが少し取れたのを機に、この本を読みました。

本を読んだ当時の私は、主人公の竜馬と同年代であり、本気で国のことを考えながら生き抜いた竜馬の壮絶な人生に衝撃を受け、純粋に憧れ、素直にかっこいいと思いました。そして、この本を読んだのをきっかけに、私は考え方も変わり、「志」という目標を持つことができました。

「志」とは、世のため人のための目標設定であり、「夢」とは、自分だけの目標設定であると私の中で定義しています。「志」を目標の核として位置付け、自分のためだけではなく、世のため・人のためも含めた「三方よし」の考えがビジネス成功の大原則だと当社のお取引先様にもお伝えしていて、その目覚めの原点がこの本にあった、と今感じています。

戦略コンサルタントとして、成果をあげるためには、フォアキャストの視点から、バックキャストの視点に切り替えることが重要だと常に意識しています。だからこそ将来を見据えた方向付け、つまり「志」が企業活動においても、とても重要になるのです。それもこの本から教わった気がします。

究極ですが、もしこの本がなかったら、何も考えず目先の利益だけで行動していたかもしれません。そして、そんな行動を取っていたら、きっと支えてくれる仲間もなく、危機を乗り越えることができずに、会社は潰れていたと思います。

起業家プロフィール

株式会社キズナキャスト 代表取締役 小林 広治 代表取締役 小林 広治 株式会社キズナキャスト 代表取締役

1996年3月 早稲田大学理工学部卒。
1999年7月創業、2000年4月に法人化し代表取締役に就任、現職。長野県出身。46歳。(2019年1月)
キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。