起業家に影響を与えたこの一冊

起業家

株式会社ビジネスパスポート 代表取締役社長 与謝野 肇さん

『起業家秘伝―会社に依存しない職業人生』 著者:ウィルソン・L. ハーレル

公開日:2018年8月22日

起業家秘伝―会社に依存しない職業人生

20年ぐらい前に読んだ本です。

内容は、「起業家」とはどんな心構えで臨まねばならないかを述べたもので、著者自身が起業家であり、創業から会社の公開、売却に至るまでの各ステージでの教訓を示しています。

この本を読んだ頃の私は、今の会社を立ち上げる前のベンチャーキャピタルの社長でしたが、「起業家になるということは、テラー(ぞっとする恐怖)クラブに入ること」と言っていることに強く惹かれました。

ここで、著者が経験したテラーとは、「売上の3分の1、利益の100%を依存しているある顧客から突然契約破棄を通告されたこと」で、これを受けて、著者は思い切った行動に出ます。

準備も予測もできない突然やって来るテラーに如何に対処するか。これを乗り越えられた時に真の起業家になると、著者は言っています。

それでは、何故起業をするのでしょう。

それは、本人が、本人を取り巻く如何なる規範や制約にも縛られずに、どうしても自分がやりたいことをやる「自由」を得るためです。

それがベンチャースピリットです。

起業家プロフィール

株式会社ビジネスパスポート 代表取締役社長 与謝野 肇 代表取締役社長 与謝野 肇 株式会社ビジネスパスポート 代表取締役社長

1966年  東京大学法学部卒業(在学中はボート部に所属)
     ㈱日本興業銀行入行
1995年  同行シンガポール支店長、取締役を歴任
1996年  興銀インベストメント社長に就任
     ベンチャーキャピタリストとして活躍
2004年  ㈱ビジネスパスポートを創業、取締役社長に就任
     現在に至る

明治/大正と活躍した歌人、与謝野鉄幹・晶子夫妻の孫にあたる

㈱ビジネスパスポートは、自ら判断し行動に移すことが出来る自律型人材の育成」を目標としています。その為には、自社が開発したBPASSサーベイ(適性診断)や、大企業での役員・部長等管理職経験40年以上のシニア講師による実体験講話により、本人が仕事をする上でどう動くべきかに「気付かせる」ことが重要との観点から、多くの企業に種々の研修プログラムを提供している人材育成会社です。
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。