起業家のための情報メディア

株式会社TMR 代表取締役 高橋 新治さん

『伊達 政宗』

著者:山岡 荘八

伊達 政宗

母が教育熱心で7人姉弟(姉が6人)の7番目の長男ということもあり、親の期待があったのか本は幼少の頃からを与えられていました。そのせいもあり本は今でも大好きです。

今回この取材の話があった時、私の出身地の宮城の英雄である伊達政宗を題材にした本を選びました。最初に読んだのは21歳の時で昭和46年です。その時は、あまりの面白さに8巻を一気に読み終えてしまいました。その後も何度か読み返していますが、その時々で違う色々な気づきが得られます。

この本では、伊達政宗の領地内の田畑を拡張する際一番大切な治水に注目し、新たな運河を数多く開通させるなど長期展望に基づく企画と行動力により領民を裕福にするための施策を打つなど現在に至る数々の功績の話もあります。ただ私にとって特に印象深いのは、幼かった伊達政宗(梵天丸)の教育係としてついた僧侶の虎哉宗乙が立派な戦国武将に育て上げることが描かれているところです。

来るものは拒まず、積極的に苦労を買い、壁を乗り越えることが自分自身を成長させてくれること。領民を大切する気持ち、部下を育む心、大将としての器、徳のある人生観とはなど多くの学びがありました。これは企業経営にも通じますし必要な要素です。

本には、色々なヒントが隠されていて、色々なアドバイスがもらえます。それを自分自身で応用し、引き出しをつくり、活用することが大切です。

起業家プロフィール

株式会社TMR 代表取締役 高橋 新治

宮城県農業大学校蔬菜園芸科卒。1971年東京興信所入社。83年東京経営調査(現TMR)設立し社長。93年バイオテックジャパン(同)設立し社長。2012年社団法人日本調査業協会会長、現在顧問。宮城県出身。

代表取締役 高橋 新治

起業家に影響を与えたこの一冊は、イノベーションズアイ会員企業を対象に取材しています。