起業家

鳥飼総合法律事務所 弁護士 北口 建 さん

『キングダム』 著者:原 泰久

公開日:2019年6月12日

キングダム

私は小説、ビジネス書、自己啓発書だけではなく、マンガからも学ぶことが多く、今回は、映画上映中の旬なこのマンガを選びました。

私がこのマンガに出会ったのは、中小企業の経営をサポートしたいという志で弁護士になった2012年頃のことです。

紀元前の春秋戦国時代、中華統一を目指す若き秦王「嬴政」(後の始皇帝)と、下僕の身分でありながら、嬴政を支えて天下の大将軍を目指す「信」との成長と友情の物語です。「嬴政」の中華統一や「信」の天下の大将軍になるという夢は、誰も考えつかないこと(考えついてもやらない)こと。そんな大きな目標を掲げた主人公らの困難に挑む姿に強く感銘を受けます。

彼らから学んだことは、困難な目標を達成するには「ブレない強い意志」と「率先して行動すること」が必要だということです。

会社経営には既存の枠にとらわれない柔軟な発想が必要です。時にはリスクを冒さなければなりません。そのような場合、たいてい多くの反対を伴うものですが、心の奥底にある譲れない想いと、自ら率先して実行する姿勢を示せば、共感する仲間がきっと付いてくれる、この本はそんな教訓と勇気を与えてくれます。

私は中小企業の経営者と一緒に様々な課題解決に取り組んでいますが、心が折れそうになったときには、このマンガを読み返すことにしています(笑)。

この「信」と同じく強い想いで、関与させていただいている中小企業が、秦国のごとく大企業に成長していくのを、私も支え続けていきたいと考えています。

起業家プロフィール

鳥飼総合法律事務所 弁護士 北口 建   鳥飼総合法律事務所 弁護士

奈良県出身。大阪市立大学法科大学院修了。大手製薬会社にて会計財務業務に従事。弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。中小企業診断士登録。
会社法、労働法等、税務、M&Aなど中小企業向けの企業法務を中心に扱う。リーガル面及びビジネス面から課題解決と紛争予防に向けた支援を行う。最近は、シェアリングエコノミー(シェアエコ)の将来性に注目し、プラットフォーム事業者等に対する支援に力を入れている。
キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。