起業家のための情報メディア

株式会社 彩花 石田 学さん

No Image

『【曲名】RED』

著者:【アーティスト名】B’z

【曲名】RED

【番外編】
アントレプレナーミュージック
~起業家に影響を与えたこの一曲~

B’zとの出会いは高校時代です。弟から「RISKY」(1990年)というアルバムを借りて聴いたのがきっかけで、完全にハマりました。
そして私が過去に影響を受けた曲で、しかも「起業」というキーワードから真っ先に思い浮かぶのは「RED」(2015年)です。

私は大学を卒業後、会計事務所で15年間働きました。働き始めて10年ほど経った2010年頃から「自分はこのままで良いのか、本当にやりたいことは何だろうか」と悩み、もがき始めます。
「自分」について考え、試行錯誤しているなか、2011年に東日本大震災が起きました。被災された人々に何かできることはないかと考え、その年の「母の日」に仲間とカーネーションを届けに被災地を訪れました。
そこで、物言わぬ花たちが被災された人々を癒していく光景を目の当たりにして、理屈ではない花の持つエネルギーに、私は心を撃ち抜かれました。「お花ってスゲー!!」と。

この時の体験がきっかけとなり、2014年に「花処 彩花」をオープンしますが、全く未経験の業界で起業するというのは想像以上に大変で、何度も心が折れそうになりました。そんな私を懸命に支え、土台を築いてくれたのが妻やスタッフさんであり、この曲「RED」です。

(「RED」歌詞より抜粋)
楽はしない 偉ぶらない 誰のせいにもしない
涙も忘れ I’m going my way
礼を尽くし 栄華を捨て 泥まみれにもなろう
千切れないこの絆の色 RED
(中略)
労を惜しまない 遠慮もしない 同情されたらおしまい
笑わば笑えI'm going my way
凛としてfight 永遠にtry どんな闇にも差すlight

その当時、「他人にどう思われるだろう」、「もっと格好良くできないかな」等とすぐに考えがちだった私は、自分で決めた道なのだから、楽をせず、労を惜しまず、泥まみれになってでも行けとガツンと言われた気がしました。他人の目はどうでも良い、自分が信じた道を覚悟してI’m going my wayするだけだと奮い立ちました。この曲は今も、そしてこれからもずっと私の中で叫び続けることでしょう!

また、もう一曲だけ挙げさせてください。同じくB’zの「ACTION」(2007年)というアルバムに収録されている「光芒」です。

私は、人々の“心の温度を1℃上げる”ことをコンセプトに「花処 彩花」を立ち上げました。みんなの大切な「想い」を言葉や形にして届けること。それを循環させ、人々の心を温めること。そして、その活動を基に明るい未来を創造すること。それが私のやりたいこと、私が花屋を経営する理由です。

(「光芒」歌詞より抜粋)
光を求め 歩きつづける
君の情熱が いつの日か
誰かにとっての 光となるでしょう
誰かにとっての 兆しとなるでしょう

ひとりひとりが持つ光は小さいものです。しかし、その小さな光が誰かに勇気を与え、一歩を踏み出すきっかけになることがあります。あなたの情熱や想いが、自分では分からずとも、いつか誰かにとっての光となり、兆しとなるのだと。
だから私は、自分がやりたいことに本当に楽しんで取り組むことが夢に繋がっているんだという光を放っていきたい。

苦しい時でも「やるぞ! 自分ならやれるぞ!」と、胸の奥からふつふつとマグマが湧いてくるような、私にとってはそういう曲です。

今の自分に自信がない人、自分の生き方や働き方に悩んでいる人、一歩踏み出せずに躊躇している人がいたら、是非「RED」と「光芒」を聴いていただけたら幸いです。

起業家プロフィール

株式会社 彩花 石田 学

1997年に大学を卒業後、会計事務所にて約15年間勤務する。
2011年5月の母の日に、東日本大震災の被災地にカーネーションを1000本届けるために仲間と共に訪れ、そこでの体験から、花の存在そのもの、花の持つエネルギーに魅了される。
2014年10月に「花処 彩花」を立ち上げ、現在に至る。
花処 彩花 Webサイト:http://bihana-saika.co.jp/

石田 学